本文へスキップ
エイズ・サポート千葉へようこそ! スマートフォン版



共に生きる エイズ・サポート千葉公式ブログBlog

エイズ・サポート千葉公式ブログ
2020年10月13日(火)
ゲイのための相談室@ちば 10月

君は一人じゃないんだよ!
ゲイのためのエイズとセクシュアリティの相談室@ちば  

10月18日 日曜日 午後3時〜6時
☎ 予約不要 090-8056-7595

2020年9月13日(日)
お知らせ

お知らせ             2020.09.03 エイズ・サポート千葉

 

 エイズ・サポート千葉事務局はお借りしていたシルバー人材センターの取り壊しに伴い、2020年8月末をもって閉局いたしました。

 したがって、不定期に開催してきたワークショップやオープン・ミーテイングは今後、千葉市市民活動支援センターなどで行う予定です。また残念ながら「ゲイのためのエイズとセクシュアリティの相談室@ちば」の面接による相談は終了します。今後は電話による相談だけになりますので、ご理解とご了承をお願いいたします。

 

Mobile phone: 090-8056-7520

HP: http://supportchiba.la.coocan.jp/index.html

Mail: asc23jimu*gmail.com(*は@に変更してください)

文書送付先は私設私書箱が決まり次第お知らせいたします。

2020年2月26日(水)
3月21日(土) 「UPDATE!! HIV/AIDSの超入門、そして最新情報」は延期します。
321日(土)UPDATE!! HIV/AIDSの超入門、そして最新情報」は延期します。
「UPDATE!! HIV/AIDS[の超入門」は新型コロナウイルスの感染が拡大している状況を考慮し、今年6月〜9月に延期をします。ご理解、ご了承ください。決まり次第、エイズ・サポート千葉ホームぺージ及びJASHさんの「こくちーずプロ」にて、改めてお知らせいたします。
2020年2月19日(水)
こんにちは 「ちばLGBTQフレンズ」です!!

こんにちは 「ちばLGBTQフレンズ」です!!

代表 N

セクシャルマイノリティーで悩む当事者や家族を中心に、ゆるっと日常の悩みや情報を話せる場が欲しいと思い、2018年1月に「ちばLGBTQフレンズ」と言う会を立ち上げました。

会は3ヶ月に一度を目安に開催しており、当事者同士や家族同士、おしゃべりをしていますので、悩んでおられる方、情報を集めたい方、ぜひ、いらしてください。

 

今年の4月に中学校に入学した我が子はFtMのトランスジェンダーで、小学校生活から担任や校長先生、教頭先生、養護教諭と相談しながら、「自分らしく生きる」ための対策を考え、学校生活を送ってきました。

現在も中学校でできる範囲の対応をして下さっており、そんな状況を、他に悩んでいる人たち、ご家族にも発信したかった、また、セクシャルマイノリティーでない人たちにも、正しい情報を伝えたかった、と言う思いで立ち上げました。

 

ライフステージにより、悩みや考えも変わってきています。本人にとっては、きっと一生悩みは尽きないことだと思います。

24時間365日、自分の意に反した体で生きているのですから。

それを、少しでも緩和できるとしたら、環境整備なのかな、と強く思います。

これからも、会を継続し、LGBTQを知っている人を増やす、理解してくださる人を増やす、そんな活動を行っていこうと思っております。

何かご相談がありましたら、いつでもご連絡ください。お待ちしております。

2020年1月15日(水)
共に生きる 23 ニューヨーク、図書館、LGBTQそしてストーンウォールの反乱

共に生きる 23

ニューヨーク、図書館、LGBTQそしてストーンウォールの反乱

 

フレデリック・ワイズマン監督が2016年に製作した映画「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」(なんと205分という長尺)が昨年5月に日本でも公開され、各界から好評を得ています。

ホームページから抜き書きすると、http://moviola.jp/nypl/aboutthefilm.html

 

ワイズマン監督は1930年1月1日、ボストン生まれ。現在89歳で、毎年1作のペースで、ドキュメンタリー監督作は41。2014年にヴェネチア国際映画祭で 金獅子賞(特別功労賞)、2016年にはアカデミー賞名誉賞を受賞している。

ニューヨーク公共図書館は、マンハッタン、五番街と42丁目との交差点に位置し、観光名所としても名高い本館、研究目的のために公開されている4つの研究図書館、そして地域に密着した88の分館を合わせた92の図書館のネットワークである。人文科学、社会科学、及び、美術において世界有数の蔵書を誇り、総計6,000万点ものコレクションが所蔵されている。名称に「パブリック(public)」と入っているが、独立法人であり、財政的基盤は市の出資と民間の寄付によって成り立っている。ここでいうパブリックとは「公立」という意味ではなく、「公共」(一般公衆に対して開かれた)という意味に当たる。

アメリカ社会を支える民主主義とは何かをも伝える。図書館の未来が重要な意味を持つ、必見の傑作ドキュメンタリーがここに完成した。

 

 私は一昨年5月下旬、あこがれのニューヨークに知人であるA氏とともに行きました。現地をA氏の友人であるニューヨーク在住のB氏に案内していただくというなんと贅沢な旅行でした。

 初日夜はB氏によるウエルカム・パーティ。まず、ゲイバー「ストーンウォール・イン」の前にある歴史のあるバーでハンバーガーを食べました。何をどう頼んでいいのかよくわからなかったから、スタンダードでと頼んだところ、バンズとよく焼けたパテだけで、軽いカルチャーショックを受けて始まった旅行でした。その後バーに行き、地ビールとジャズピアノの演奏を楽しみました。ちょっと歌いたくなったりしましたが、三人でおしゃべりしていたら、きれいに着飾ったドラァグクイーンが来ていました。

 また、別の日にB氏にマンハッタンを案内してもらいました。セントラルステーション駅などを回って、ニューヨーク公共図書館を見学しました。閲覧室の壮麗さはよく見る写真どおり。なにしろ驚いたのが、1階で行われていた展覧会でした。それはまるで博物館の企画展のような展示で、テーマは「アメリカ音楽の歴史」。テーマ展開や解説の見事なことは無論、活字資料だけではなく、さまざまな写真やポスターなど原資料も使い、さすが研究図書館としてのニューヨーク公共図書館の実力を見せつけられました。音楽好きのB氏もいたく感激なさっていました。(ニューヨーク公共図書館の一つの分館は性的マイノリティをサービスの主な対象としていると雑誌で読んだことがあります。)そのあと、モーガンライブラリー&ミュージアムで写真展“Peter Hujar: Speed of Life”を観ました。1970年代のゲイライフやエイズをめぐる写真も多く、B氏もなんとモデルの一人なのを教えていただき、ただただびっくり。

https://www.themorgan.org/exhibitions/peter-hujar

 

 結局、ニューヨーク滞在中に観光やミュージカル、コンサートを楽しみながら、3つの博物館と4つの図書館を見学したのでした。ホテルの周辺を散歩しているときに、滞在の次の週に“高校生のLGBTQのための週間”が実施されることが、並んでいる街灯のバナーでお知らせされているのも発見しました。

 

 そしてストーンウォールの反乱50周年の昨年、YouTubeにニューヨークのプライド・マーチの様子がたくさんUPされていたので、もしかしたらニューヨーク公共図書館でも何かやっているのではという大きな期待を持って、HPを検索したところ、ストーンウォールの反乱50周年を記念して“Love & Resistance: Stonewall 50”という展覧会が開催されていることを発見しました。

1969年6月のストーンウォール・インにニューヨーク市警が踏み込み捜査をしたことをきっかけに、LGBTQの公民権運動が少数の人による運動から、全米へ広がっていったと言われています。 Kay Tobin Lahusen と Diana Daviesとを言う運動家としてもパイオニアの写真を核にして、当時の様々な資料、ニュースペーパーなども展示された様子が

”ニューヨーク公共図書館や“mashup NY”のHPで紹介されています。図書館の売店でも“LIBRARIES ARE FOR EVERYONE”とLGBTQ関連の書籍や写真集が並べられたようです。

http://web-static.nypl.org/exhibitions/1969/index.html

https://www.nypl.org/blog/2019/06/18/pride-month-update

https://www.mashupreporter.com/nypl-love-resistance-stonewall-50/

 

翻って、千葉県内でも千葉市で昨年1月にパートナーシップ制度が実施され、LGBTQと周りの人を対象にした電話相談が11月に始まりました。船橋では船橋市により、当事者を対象にしたミーティングが10月に始まりました。行政が実施するLGBTQのためのミーティングは県内で初めてのことです。

 

ところが、県内の公共図書館の閲覧室に、LGBTQに関連する本の数が手に取れるところにたくさんあったにも関わらず、最近その冊数が少なくなっているように感ずるのです。出版年数を経て、貸出回数の少ないものは書庫に移されることが多いのですが、LGBTQの本の場合、閲覧されても貸し出しは少ない可能性が大きいことはよく言われていることなのです。だから、手に取れる閲覧室に本が出ていることがとても重要なのです。これが私個人の思い違いならいいのですが、訪れる公共図書館の多くで感ずることなのです。やはり、当事者がLGBTQの推薦図書リストを作成して、発表する必要性を改めて感じました。それが、図書館が本を選ぶ参考になるのではないでしょうか。

少し気になるところで、皆さんにも気を付けてみていただきたいことです。

 

ほぼ1年ぶりの“共に生きる“です。

 

今回はお年玉の代わりに、これから日本でも人気が出るだろうなあと思われるカザフスタンの歌い手Dimash(ディマシュ)さんをお知らせします。なんと、身長191cm、声域が7オクターブ。その歌声はとても魅力的です。お勧めは“苦悩する地球人からのSOS ”(S.O.S  d'un terrien en détresse” 1979年フランスのSFロックオペラ“スターマニア”からのナンバー)です。良かったらお聴きになってください。日本語字幕付きです。

https://www.youtube.com/watch?v=X7RsI7o15SU&t=252s


2020年1月8日(水)
「知るところから始めよう!あなたの街とLGBTs@ちば」

 

1/19分のお申し込みはこちらから

https://www.kokuchpro.com/event/ASC2001/

〆切 1/11(土)

定員に満たない場合は、当日の参加もOKです!お待ちしております!

2019年11月20日(水)
LGBTQのための相談が新しく始められました!!

LGBTQのための相談が新しく始められました!! 

― 千葉市LGBT電話相談(千葉市)、LGBTs専門相談(千葉県弁護士会)(まとめ)エイズ・サポート千葉

 

 千葉で最近始められた、性的マイノリティ(LGBTQ)のための相談活動をどどど〜んとお知らせします。

 

  1. 千葉市LGBT電話相談(千葉市)

 千葉市さんが、11月から千葉市内に在住・在勤・在学しているLGBTQ当事者や当事者の周りの人を対象に、電話相談を始めました。毎月第3日曜日午後2〜6時、性の多様性について理解のある相談員が相談を受けます。相談専用電話番号043-245-5440

http://www.city.chiba.jp/shimin/seikatsubunka/danjo/chibashilgbtsennyoudennwasoudann.html

 

 2  LGBTs専門相談(千葉県弁護士会)

千葉県弁護士会さんは、今年3月からLGBTや多様なセクシュアリティの方が抱える法的な問題や悩み事などについて、性の多様性に理解のある弁護士が面談相談する「LGBTs専門相談」を始めました。(初回相談30分無料)

https://www.chiba-ben.or.jp/news/2019/000503.html

 

2019年11月6日(水)
「あなたにもできるLGBTサポート〜職場編〜」のお知らせ

「あなたにもできるLGBTサポート〜職場編〜」のお知らせ
 

 2020年1月に弊会と共催で、セクシュアリティをテーマとしたワークショップを開催予定のJASHさんが「あなたにもできるLGBTサポート〜職場編〜」を開催します。

 

( 告 知 )

11/15(金)の 18:15〜20:15に津田沼駅近くで
「あなたにもできるLGBTサポート〜職場編〜」を開催します。
昨年に引き続き船橋市との共催イベントです!

 

前半は講師のはるくんからのLGBTの基礎知識・職場の対応などについての講座

後半(19:15~)は当事者とAllyによるパネルディスカッションとなっています。

 

パネルディスカッションのテーマはこんな感じを予定しています。

 >LGBTの人が職場でどんな対応をされたら嬉しいのか/悲しいのか知りたい。

 >職場でのLGBTに関するモヤモヤする事を知ってほしい。

 >一緒に働く同僚として当事者にこんなことをお願いしたい。

 

開始時間に間に合わない場合でも「パネルトークからでも見たい!」という方なども、お申込みください!(船橋ー津田沼間は電車で5分です。東京ー津田沼は快速で30分!)

 

「あなたにもできるLGBTサポート〜職場編〜」

日時:11月15日(金) 18:15〜20:15
会場:東部公民館 第2集会室(JR津田沼駅から徒歩約3分)
参加費:無料
対象:内容に関心のある方(市外の方も参加歓迎です)
※お申し込みは、船橋市のホームページからお願いいたします。
https://www.city.funabashi.lg.jp/kurashi/danjyokyoudou/004/p073417.html

 

(開催予定)

2020年1月19日(日)午後2〜4時 千葉市民活動支援センター 会議室

セクシュアリティをテーマに、エイズ・サポート千葉とJASHさんが共催でワークショップを開催します。来月から募集開始します。

 

JASHさんの自己紹介

「NPO法人JASHは2012年発足、2013年にNPO法人化した「性の健康」に取り組む団体です。千葉県を中心に関東圏での中学高校や教職員向けの講演活動、またLGBT当事者とAllyの対話型イベントを池袋と船橋で毎月4回ほど開催しています。(過去実績:池袋 約150回 / 船橋 約20回)イベントは高校生から大人まで、年齢もセクシュアリティも多様な参加者が集まり、池袋のイベント「ことこと」は毎月キャンセル待ちとなるほどの人気ぶりです。セクシュアリティ・対話・サードプレイス・ピアサポートの4つの視点から、安心して話ができる場を千葉県内でも拡大していきたいです!」

2019年10月30日(水)
千葉県内で「世界エイズデー」前後に行われる休日HIV抗体検査について 2019

千葉県内で「世界エイズデー」前後(「千葉県ストップエイズウィーク」)

に行われる休日HIV抗体検査について

(まとめ)エイズ・サポート千葉

 

 12月1日はWHO(世界保健機関)が1998年に制定した世界エイズデーです。エイズのまん延防止及び患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的として、エイズに関する正しい知識の普及啓発を推進しています。

 

 HIV抗体検査を受けてみようかなと思っても、お休みじゃないと行けない方も多いですよね。千葉県内では「世界エイズデー」を挟んだ休日に、4か所でHIV抗体検査を実施しています。また、どんな風に検査するかも知りたいですよね。千葉市保健所での「HIV抗体検査の流れ」が千葉市保健所ホームページに載っていますので、参考にしてください。

どこで検査を受けても、名前や住所を聞かれることはありません。

 

例)千葉市保健所での「HIV抗体検査の流れ」

http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/hokenjo/kansensho/documents/kensa_flowchart.pdf

 

 

「千葉県ストップエイズウィーク」の情報は千葉県ホームページをご覧ください。

http://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/stopaids.html

(現在、2019は準備中)

 

11月24日(日)

市川健康福祉センター(保健所) 予約不要

 問合先 千葉県健康福祉部疾病対策課 043-223-2691 9時〜17

実施日 11月24日(日)受付時間 10時〜16時

http://www.pref.chiba.lg.jp/shippei/kansenshou/kansenshou/kyuujitu.html

 

11月30日(土)

千葉市保健所 予約制 

感染症対策課 043-238-9974 予約受付時間:9時〜17時(前日までに)

実施日 11月30日(土)受付時間 10時〜11時

http://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/kenkou/hokenjo/kansensho/eizu.html

 

12月1日(日)

柏市保健所 予約制 保健予防課 04-7167-1254 予約受付時間:9時〜17

実施日 12月1日(日)受付時間 9時〜10時30分

http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/061600/p049478.html

 

船橋市保健所 予約制 保健所 保健総務課結核感染症係 047-409-2867

予約開始11月1日から 予約受付時間:9時〜17時

実施日 12月1日(日)受付時間 12時30分〜14時

http://www.city.funabashi.lg.jp/kenkou/iryou/006/03/p004741.html

 

2019年8月28日(水)
知っていますか? ことこと@船橋(JASH)、Marble・Arch(船橋市)

知っていますか? ―ことこと@船橋(JASH)、Marble Arch(船橋市)  (まとめ)エイズ・サポート千葉

 

 千葉で最近いろんな団体が始めた、性的マイノリティ(LGBTQ)のための活動をどどど~んとお知らせします。

 

 ことこと@船橋(JASH

 

日本性の健康協会(JASH)さんは船橋で毎月第3日曜日午後、千葉でも多様な性(LGBTs)を語れる場をということで、「ことこと@船橋」「Allyについて考える@船橋」を隔月で開催しています。

2019824() 15:0018:00
【第9回】ことこと@船橋〜千葉でも多様な性(LGBTs)を語れる場を〜
 ①(恋人に限らず)パートナーはほしい?LGBTsに限らず、少数派の人と一緒にいると安心する?
 915() 15:0018:00
【第10回】Allyについて考える@船橋
 ハナシのタネは準備中!

お申し込みはこちら
https://www.kokuchpro.com/group/QueerAlly/

 

  Marble Arch(船橋市市民協働課男女共同参画係)

船橋市さんは、千葉県内では公的機関としてはたぶん初めて、LGBTQのための交流会を、すこたんソーシャルサービスさんの協力を得、「Marble Arch~性的少数者(LGBT)に近い(そうかもしれない)方の交流会「Marble Arch」~」を開催します。対象は10代から25歳までの方です。

1回は825日(日)午後 船橋市内

2回は1026日(土)午後 船橋市内

https://www.city.funabashi.lg.jp/kurashi/danjyokyoudou/002/p059899_d/fil/r1marblearch.pdf

 

 

 さて、サポート千葉でも、オープン・ミーティングを毎年2回くらい開催していたのですが、今年度は年末か年明けに、セクシュアリティをテーマとしたワークショップを開催する予定で企画を立てています。乞うご期待!!

 

2019年3月20日(水)
「柏の葉中学校の制服について」

柏の葉中学校の制服について〜LGBT対応と話題になりましたが・・・〜

柏市立柏の葉中学校 校長  菅 原 英 一

1.柏の葉中学校新設の背景

つくばエクスプレス線「柏の葉キャンパス駅」周辺の土地区画整理事業により大規模なマンション開発が進み,児童・生徒数の急激な増加に対応するために,平成30年4月に柏の葉中学校が開校しました。

開校時の学級数・生徒数は,通常の学級4学級・特別支援学級2学級,全校生徒90名でスタートしました。1年生(68名)は,柏の葉小学校からの入学,2年生(16名)と3年生(6名)は,他の中学校に在籍していた学区内の生徒のうち,希望者が本校に転校という形をとりました。学校・学区の特色としては,

(1)小中一体型校舎

隣接の柏の葉小学校(平成24年4月開校),と上空通路で接続され,施設共有や児童生徒間,職員間の交流が図れます。

(2)都市と自然の共存,国際学術研究都市

豊かな自然が残る環境の中に,東京大学,千葉大学,科学警察研究所などの研究機関が集積し,国際学術研究都市となっています。

2.制服検討の経緯・経過

制服・校内服(体操服・ジャージ)については,必要・不要も含め,開校後に生徒・保護者・学校関係者によって検討することとし,平成29年6月の第1回保護者説明会において教育委員会としての方針(制服等は開校後に決定すること)を説明したところ,保護者より,開校の平成30年4月から制服を着用したいとの強い要望があり,同年7月に柏の葉小学校PTAと対応方法等について協議し,アンケートを実施することとしました。

 (1)平成29年7月 第1回アンケート調査の実施

対象:柏の葉小学校(全学年)と柏の葉中学校進学予定者の保護者 計737名

(回答数480)

問1 制服・校内服が必要か不要か

       必要 68%  不要18%  まだわからない 14%

問2 制服が必要な場合の検討の開始時期

今年度から検討し,可能ならば4月から着用する 64%

       開校後に検討する 8%,今年度から検討する  28%

 (2)平成29年8月 アンケート結果を受け,小中学校が同一学区であったこともあり,市教委の方針を変更し,開校前より検討開始を可能とすることとしました。そして,同年9月に柏の葉小学校PTAと話し合い,協議方法・検討委員会の設置・構成員について検討しました。また,保護者の意見を取り入れ参考資料とするため,第2回アンケート調査と検討委員会の委員の募集を実施することとしました。

 (3)第2回アンケート調査結果(対象は前回と同様,回答数508)

問1 制服・校内服が必要か不要か

必要88.2%,不要5.9%,その他5.9%

問2 制服は必要とする主な意見

・私服だとおしゃれに子どもが熱中するのではないか・長い目で見れば経済 的に制服のほうが助かる・服装にとらわれず学校生活に集中できる・中学生としての自覚を持つ・私服にした場合,別途,式服等が必要・毎日の洋服選びがたいへん・私服だと家庭の格差が目立つ・詰襟,セーラー服だと温度調節がしづらいため,ブレザーがよい。

制服は不要とする主な意見

・私服のほうが気候に合わせた服を選べる・私服の方が洗濯しやすく,衛生 面から制服は不要・成長が著しい年齢のため買い替えが必要になる・おしゃれを楽しみたい・個性を大切にしたい・管理目的の制服は不要・TPOに応じた服装を使い分ける知識を身につけてほしい

 (4)平成29年10月 第1回制服等検討委員会を開催

【委員(12名)】

教職員2名(柏の葉小校長・教頭)・地域関係者2名(地縁団体・主任児童委員)・PTA2名(柏の葉小PTA役員)・公募委員2名(柏の葉小保護者)・柏の葉小児童2名(児童会役員)・教育委員会2名(学校教育課長・指導課指導主事) 

【議題】

制服・校内服等の必要性について,着用の開始時期,選定方法について

※開催にあたり市教委から,各委員が多角的に判断できるよう,?制服のない 中学校の視察報告,?制服と私服の価格面での比較,?制服・私服それぞれのメリット・デメリット,?性同一性障害・性的指向・性自認(LGBT)について,?アンケート結果等について資料の提供と説明を行いました。     

【結果】制服は必要と判断

・機能性,LGBT対応,洗濯可能,サイズ調整が容易,経済性を考慮

・着用開始時期は平成30年4月

・制服の種類は男女ともにブレザー

【LGBTについての主な意見】

・制服でも私服でも良いと思うが,制服にするなら,少数の方に配慮できる(選択できる)ような制服が望ましいと思う。

・詰襟,セーラー服とした場合,詰襟を女の子が着用することは困難(逆もしかり)なため,制服制定となった場合は,「ブレザー」にして上着は男女ともに共通,ネクタイ,リボン選択可能,下は女子もスラックス,スカートを選択可能としてはどうか。

・男子は制服を制定するならば,詰襟と当然に考えていた。しかし,今日の議論を通じて,LGBTの配慮を考えた際には,例えば,食物アレルギーでマイノリティを感じるのと同様に,例え大多数は気にしていなくても,少なからず時代として配慮が求められているのであれば,詰襟・セーラータイプは選択出来ないと感じた。

・自転車で通う女子生徒がスカート姿で漕いでいるのを見ると,スラックスも良いのではないかと感じるし,LGBTにも配慮出来ると感じた。

・女子の憧れとして,セーラー服は着せてあげたい気持ちもある。

・時代の流れもあって,高等学校もスカートとスラックスを選択出来る学校が増えている。

 (5)平成29年11月 第2回制服等検討委員会を開催

・制服メーカー5社の提案から3社を選定し,選定した3社によるプレゼンテーションを基に,児童・保護者等の投票により,最終案を決定することとしました。

【LGBT等への配慮に関する意見】

・LGBTにも配慮し,男女ともに統一感のあるものがよい。

・配慮していることで他の中学校と差別化も図れるので,良いと思う。

・女性がスラックスを選択した場合でも,違和感がないことが大事である。

・真冬にスカートを履いているのは寒く,自由に選択着用出来るような校風にいずれなると良いと思う。

(6)平成29年11月 制服メーカー3社によるプレゼンテーションを実施

   ・1社あたり20分,150人近くの保護者・関係者が傍聴

   ・後日,制服3案から児童・保護者等による投票を実施(投票総数363票)

 (7)平成29年11月 第3回制服等検討委員会を開催

◎前述の投票の結果から,制服はT社,校内服はA社の製品に決定しました。

 (8)平成30年1月 「柏市の新設中学校ではLGBTに対応した制服が採用される」との報道があり,以後,多くのメディアで取り上げられるようになりました。

 3.まとめ

本校の制服については,開校前からLGBT対応の制服を採用ということで話題になり,SNSを中心に多くのメディアに取り上げられ紹介されてきました。

しかし,今回の制服制定において重要なのは,LGBTに対応した先進的な制服を採用したということではなく,意見を聞き,話し合いを重ね,保護者・児童・学校関係者みんなで決めたということだと思います。

 制服検討委員会の中で,どのような制服にするかを話し合っていく中で,「寒さ対策として女子用のスラックスがあってもいいよね。」「女子用のスラックスがあれば,LGBTにも対応できるよね。」「ネクタイやリボンも自由に選べると楽しいね。」といった話し合いの中で女子用のスラックスが作られたのであって,LGBT対応が第一の目的ではないということをご理解いただきたいと思います。

 そのような中,LGBTに特化した報道が先行してしまったことで,実際にそうである生徒だけではなく,機能性からスラックスを選択したいと考えている生徒にとっても,着用しづらくなってしまったのではないかということに課題が残りました。

また,外部の方からは,「LGBTの生徒への配慮を考えるならば,制服よりも私服の方がよりよい選択だったのではないか。」というご意見や,「男は男らしく,女は女らしくさせるのが正しい教育ではないか。」といったご意見もいただいています。

 このように様々なご意見をいただいている本校の制服ではございますが,校長といたしましては,本校の生徒をはじめ保護者や地域の皆様に愛される制服になってくれるといいなと願っています。

 参考

現在,スラックスを着用している女子生徒は3名,ネクタイを着用している女子生徒は多数います。スカートまたはリボンを着用している男子はいません。

2018年12月5日(水)
千葉県弁護士会が「LGBTポリシー」を発出しました!

千葉県弁護士会が「LGBTポリシー」を発出しました!

平成30(2018)年12月14日

千葉県弁護士会 社会福祉委員会 LGBTs部会

部会長 弁護士 常岡久寿雄

 

 千葉県弁護士会は,平成30(2018)年2月9日,「LGBTポリシー」を定期総会で承認し,同日付で発出しました。

 最初にお断りしておきますが,ここで言う「LGBT」は,その文字どおりの主体に限るつもりは一切ありません。本文中にもありますが,「誰にでも性的指向・性自認がある」ことを踏まえ,あらゆる方の尊厳を大切にしていく思い・誓いが込められています。

 

 詳細はポリシーそのものをご覧いただきたいのですが,千葉県弁護士会としてどうしても言っておきたいことは,LGBT問題は基本的人権に関する問題であるということです。

髪を伸ばしたいが,男らしくないと言われ就職もままならない。好きな人と一緒に暮らしたいが,大家さんから変な目で見られて入居を断られる。大事な人が救急搬送されたが,家族でないと会えないと言われてなすすべもない。私たちが,さも日常であるかのように話す当事者から聞いた話ですが,その差別意識の発現には大変に衝撃を受けました。またそれと同時に,基本的人権の擁護と社会正義の実現をめざす弁護士,弁護士会としていかに無知であったか,無力であったかを思い知らされました。

 

ちょうどそのころ,千葉県でも「レインボー千葉の会」が発足しました。幸い,千葉県弁護士会はレインボー千葉の会設立当初から関わることができ,当事者の方や会の事務局の方たちと色々な話をする機会にも恵まれました。

個人的な繋がりや支援については個々の弁護士に委ねるとしても,千葉県弁護士会として,レインボー千葉の会や当事者の方々に対してどうすれば応援できるか,またこのような基本的人権の侵害にどう対処すべきか,を検討することになりました。

そこで,まずはLGBT問題に中心的に取り組むプロジェクトチームを,千葉県弁護士会の社会福祉委員会という委員会内に立ち上げました。そしてこのチームのメンバーで,レインボー千葉の会の集会などに定期的に参加し,当事者の方々の実際の話を聞いて実態を知ることに努めました。またすでに他県などで出来上がっていたLGBT問題に取り組む弁護団から講師を招き,LGBT問題に絡む法律問題などについて勉強会を開きました。

また,千葉県弁護士会としてLGBT問題に取り組む姿勢を対外的にアピールし,レインボー千葉の会を応援する方策を検討し,最終的には,個人情報保護などで見られるようなポリシーを千葉県弁護士会として発出してみてはどうか,という結論に至りました。ただし,調べてみたところ,他の地域の弁護士会ではLGBT問題に限ったポリシーを発表しているところはなく,したがって千葉県弁護士会が初の試みとなることを知った私たちは,先駆けとして恥ずかしくない内容で,且つ地に足をつけ現実的に取り組むことのできる内容であることをポリシーの命題としました。

そこで,千葉県弁護士会は,このLGBT問題はやはり基本的人権の問題であることを最初に掲げつつ,会として取り組むことのできる事項として,「事務・手続等における配慮」(不要な性別欄の削除,通称名使用),「弁護士会内の会議等での言動」「執務上必要な施設利用」「LGBTに関する相談体制の構築」を挙げました。

 

現在,千葉県弁護士会はこれらの事項に基づき,種々取り組んでいます。

まずは平成30(2018)年3月29日にLGBTs無料電話相談会を開催しました。当日までに記者会見も開き,4件の電話相談を受けました。

また8月からは,千葉県弁護士会内で使用している法律相談の聞き取り票内に不要な性別欄が設けられていないか,会全体にアンケートを実施しました。

また,千葉県弁護士会で働く方たちへの研修会も開催しました。レインボー千葉の会の代表の方を講師としてお招きし,LGBT問題について当事者の目線から語っていただきました。

さらに,今はまだ実現に至っていませんが,常設の電話相談窓口を設置することに取り組んでいます。一人で悩んでいる方々が電話相談のことを知り,気軽に相談できる態勢が一日も早く整うよう努力しているところです。

 

このポリシーにも記載しましたが,20〜59歳の全国7万人のアンケートによれば,自らの性に違和感がある人,同性に対して愛情を感じるなどの回答をした人が約7.6%に上るとの結果でした。13人に1人が性自認,性的指向に違和感を持っているということです。そしてこれらの違和感は治療などによって変えられるものでもありませんし,無理を強いるべきことでもありません。

誰もが生きやすい世の中になるように,千葉県弁護士会としてもさらに精進していく所存です。皆様からもご支援,ご理解を賜れば幸甚です。           

以 上

 

千葉県弁護士会 LGBTポリシー(千葉県弁護士会様ホームぺージ)

https://www.chiba-ben.or.jp/opinion/pdf/20180209.pdf

2018年11月28日(水)
平田豊さんの写真が大阪で公開されます。

 平田豊さんの写真が大阪で公開されます

 平田豊さん(エイズ・サポート千葉初代代表/故人/仮名)の写真(写真家内山英明さんが撮影された、当会所蔵写真パネルのうち約20枚/『いつか晴れた海で エイズと平田豊の道程』の写真家 読売新聞社 1994年発行)が12月1日(土)・12月2日(日) 大阪市中央公会堂で、第32回日本エイズ学会学術集会・総会、世界エイズデー【一般公開HIV/エイズ啓発特別イベント】【Legends of AIDS Community -エイズ勃興期を駆け抜けた人々-】メモリアルキルト&フォト展で公開されます。貴重な機会ですので、関心のある方はお出かけください。  

https://www.c-linkage.co.jp/aids32/day.html

https://www.c-linkage.co.jp/aids32/subimg/exibition.pdf

2018年10月3日(水)
存在を肯定された瞬間 ― NHKアナウンサー山田賢治さんの講演「ちがいを認め、尊重する」を聴いて

存 在 を 肯 定 さ れ た 瞬 間
NHKアナウンサー山田賢治さんの講演「ちがいを認め、尊重する」を聴いて

高橋かん奈 

(エイズ・サポート千葉会員/千葉県立千葉南高等学校 養護教諭)

 まず第一声から感じたこと。それはなんて耳に心地よい響きなんだろうということでした。
 そしてハートネットTVに取り組まれることになってからの山田さんご自身の戸惑いや悩み、どのような距離感、立ち位置で相手の方とかかわればいいのだろうという、視聴者では知り得ない煩悶されたご経験。
 所謂「社会的に弱者」と言われる方とかかわることに戸惑われご経験までお話してくださり、きっと私たちも同様のことを感じたことがあったのではないかと思い起こさせてくださいました。ましてやご自身の発言はNHKの番組で言葉となって放たれていくわけですから、山田さんのお心にとってはかなりな重圧だったのではないかと推察いたしました。
 言葉とは便利なようで、実は発する側と受け取る側でのすれ違いで大きな軋轢をも生んでしまう怖さをもっていますよね。
 私も夜間大学院で臨床心理を8年間学びましたが、勉強を通して実感したことは、「言葉は癒やしにもなるが、凶器にもなる」ということでした。
 今の高校生は、自分で言葉を発することを面倒だったり、怖いと思ったりしている子が多いように感じます。だからラインの短い言葉やスタンプで簡単に済ますことが多いと思います。しかしノンバーバルなやりとりが、トラブルの元になったりすることも多くあります。
 山田さんがおっしゃっていたように、できるだけ相手のカテゴライズされていない部分に着目し、その方の想いを言葉にするという作業と同様に、その場で最もふさわしい言葉を探すという作業を私も生徒と話す時に努力しようとしています。
 「わからないなら、それでいい」「あ〜、そうなんだ」と思っていればいいんだという言葉は、会場全体を暖かく包み込んでくださったように感じました。あの場にいた皆さんが存在を肯定された瞬間だったようにも思いました。
 お話の中でびっくりしたことがあります。
 それは裁判の傍聴のことです。
 私も以前から山田さんほど回数は多くないですが、地裁に通っています。罪を犯す人と犯さずにとどまった人とでは何が違うんだろうということが知りたくて行っています。被告人は生育歴を公開の場で丸裸にされます。そして被告の語る言葉の多くは、何か根っこが危うい感じがします。幼い頃から、例えば実の両親ではなくても、しっかりとその子を支えてくれた誰かがいれば、根っこはもっと頑丈になれたと思います。
 そして、山田さんのベクトルのお話。犯罪を犯す前に、思い浮かべられる誰かの顔があれば、その人に相談するなり、その人のために一線を超えてしまうことは防げたかもしれません。
 累犯を重ねたおばあちゃんが、もし江戸の長屋暮らしだったら、きっと悲しい犯罪は起きなくて済んだのではないでしょうか。「本所おけら長屋」という本は私の好きな本の一つです。みんなが少しずつお節介な場所。でも困っていたらすぐに駆けつけてくれる人たちが暮らす場所。
 山田さんのお話は1時間だったことが信じられないくらい充実したものでした。そして心が柔らかくなった気がしました。
 おまけですが…高校3年生の時に同じクラスだった子が、今NHK千葉支局長をやっています。(笑)

2018年9月5日(水)
一人ひとりの人が大切にされること お互いを大切にすること ー共に生きる22

一人ひとりの人が大切にされること お互いを大切にすること

― 共に生きる 22  

 1年ぶりの「共に生きる」です。
  「新潮45」(2018年8月号 p.57〜60)に、杉田水脈(ミオ)衆議院議員が“「LGBT」支援の度が過ぎる”という記事を寄稿しました。杉田議員が同性カップルを念頭に「生産性がない」と書いたことに対して、人権を尊重していない杉田議員に対しての抗議が性的マイノリティだけではなく、障害を持つ人の団体などからも出されています。
  「新潮45」の記事を一読して感じたことは、セクシュアリティについて「性的指向」を“性的嗜好”と表記し、“もうわけが分かりません”“という状況で意見表明するのではなく、少なくとも自分なりの理解をしてから意見表明をすべきだということでした。冒頭で”最近の報道の背後にうかがわれるのは、彼ら彼女らの権利を守るということに加えて、LGBTへの差別をなくして、その生きづらさを解消してあげよう、そして多様な生き方を認めてあげようという考え方です。”と書いています。議員の役割である行政的な施策を作成することを“あげよう”というとらえ方をしているのは、杉田議員自身が様々な行政施策を「してあげよう」という発想で捉えているからに相違ありません。最後に“「常識」や「普通であること」を見失っていく社会は「秩序」がなくなり、いずれ崩壊していくことになりかねません。私は日本をそうした社会にしたくありません。”と書いています。これは杉田議員の本音です。杉田議員と同じように考える人がいることは事実です。千葉県内で男女共同参画策定計画を作成する際に、行政が行ったアンケートの自由記入欄には、性的マイノリティへの施策に対して、杉田議員と同じような意見が少なからずありました。しかし、杉田議員が言う常識や普通は杉田議員のものであり、常識や普通は時代によって、国によって、人によっても変化するものなのです。
 *性的指向 習い事や趣味などの嗜好のように選べるものではないと言われている。
 2017年9月に日本学術会議は政府に対して、『提言 性的マイノリティの権利保障をめざして―婚姻・教育・労働を中心に―』(日本学術会議法学委員会社会と教育におけるLGBTIの権利保障分科会)という提言を出しています。国民全体が性的マイノリティに対する理解をし、学校・職場・地域が一体となって性的マイノリティに対する偏見と差別を取り除き、「共生社会」を築き、政府と諸機関、国民が性的マイノリティの権利保障、とくに急務となっている婚姻・教育・雇用と労働についての権利保障に取り組むべきと提言しています。http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-23-t251-4.pdf
 杉田議員は先の記事で“そもそも日本には、同性愛の人に対して、「非国民だ!」という風潮はありません。(中略)むしろ、寛容な社会だったことが窺えます。”と書いています。しかしこの提言では、性的マイノリティが社会で生きてゆく際に様々な不利益があると報告しています。
 千葉県内では2018年2月に千葉県弁護士会がLGBTポリシーを策定しました。こんな一節があります。性的マイノリティの当事者が相談者だけではなく、従業員等にもいるという前提で策定されています。
  第3 千葉県弁護士会のLGBTポリシー
  3 執務上必要な施設利用 弁護士会は多種多様な方が訪れる場所でもあります。 自身の性別に違和感を持つ相談者や従業員等が,戸籍上の性別以外の施設(トイレや更衣室)の使用を希望することもあります。できる限り,いろんな方が利用しやすい施設を準備するなどの配慮をします。
https://www.chiba-ben.or.jp/opinion/pdf/20180209.pdf

 千葉市議会は3月レインボー千葉の会が提出した同性パートナーシップ証明制度の導入を求める陳情に対して、継続審議を決めました。
 4月に開校した柏市立柏の葉中学校では「男子用」「女子用」の制服がありますが、性別に関係なく制服を選ぶことができます。
 船橋市では8月に市議会LGBT・性の多様性を考える議員連盟が当事者と市長の懇談会を開いたとのことです。
 昨年、私は映画「わたしは、ダニエル・ブレイク」(監督:ケン・ローチ 2016年)を観ました。http://www.longride.jp/danielblake/ 今年、映画「万引き家族」(監督:是枝裕和 2018年)がカンヌ国際映画祭で最高賞パルム・ドールを受賞し話題になり、大ヒットしていますが、2年前に同賞を受賞しています。これは昨年の私のベストワン映画でした。なぜか?登場人物一人ひとりがとても愛しく思えたからです。主人公は心臓病を患って、医師から働くことを止められ、年金を受給するために役所に行く59歳のダニエル。そこで二人の子どもを持つシングルマザーが子どもたちが学校へ行くお金がないと職員と話している。ダニエルはそんな彼女たちを助けようとする。ダニエルの隣人のエピソードも面白かったし、役所にもいろんな職員がいるというのも実感できますよね。この映画を観終わったときに、人間の尊厳とはなんだろうと考えました、
 最後に、いま聴いてほしいスタンダードナンバーをご紹介します。
 “PEOPLE” “人を必要とする人は世界で一番幸せな人です”と歌った歌です。
 歌:バーバラ・ストライザンド PEOPLE  映画「ファニー・ガール」より
YouTube  https://www.youtube.com/watch?v=fPlQ6EtArSc

2018年7月19日(木)
HPに新しく「千葉県内のエイズ拠点病院」のページを作成しました。

千葉県内のエイズ拠点病院の紹介
 「HIV
感染症の医療体制の整備に関する研究」班(平成29年度厚生労働行政推進調査事業費補助金エイズ対策政策研究事業)が作成している『拠点病院診療案内2017-2018』の「千葉県・病院一覧」にリンクします。
 一覧表の左のそれぞれの「病院名」をクリックしてください。すると、どの科を受診すればいいのか、HIVに感染している人を定期的に何人ぐらい診療しているのか、初診時に紹介状が必要かどうか、予約について、診療時間、救急対応が可能かどうか、問合せ先、アクセス方法などが分かります。
http://hiv-hospital.jp/area/?area=%e5%8d%83%e8%91%89%e7%9c%8c

2018年3月7日(水)
差別について考え続ける〜千葉LGBT映画上映会&シンポジウムの感想

差別について考え続ける〜 千葉LGBT映画上映会&シンポジウムの感想
 昨年12月に千葉大学で行われた千葉LGBT映画上映会&シンポジウムに参加してきました。サポートちばからの参加者は4人でした。出張先でばったり会った先輩の先生に、「LGBTに関する勉強をもっとしたい」と相談したのが9月。それを覚えていてくださり、職場まで案内のお電話をいただき、このイベントに参加することができました。ちょうどニュージーランドのモーリス・ウィリアムソン議員のスピーチをネットで読んだばかりの私はイベントへの期待とある種の正義感のようなものに包まれて会場に向かいました。
 上映されたのは「ジェンダーマリアージュ」という映画です。同性婚が合法とされていたアメリカ・カリフォルニア州で、2008年11月、同性婚が再び禁止される「提案8号」が州憲法修正案を通過します。その決定を人権侵害であるとし、クリスとサンディ、ジェフとポールという二組の同性カップルが州を提訴します。その様子を記録したドキュメンタリーです。

 印象的な場面はたくさんありました。原告として証言台に立つということは、自分の言葉が多くの同胞を代表するものとなること。その責任を自覚した上での不安。最初の裁判を前にして、ジェフが涙するシーンでは、上映会の会場からも多くの人のすすり泣く声が聞こえました。スクリーンを通してのジェフへの共感はもちろん、会場に響くすすり泣きの中にはきっとセクシシュアルマイノリティとしての涙もあったはずで、それに気づいた時に一気に流れ込んできた現実感で私の目にも涙があふれてきました。
 また、自分の家族が幸せであればいいと考えていたクリスは、裁判の準備を通して自分が受けてきた差別に気づきます。「これは私が強いかどうかの問題ではなかったのです。」同性愛者全員の問題であり、全てのマイノリティ集団の抱える問題であり、そして自分自身の問題であると立ち上がります好奇の目にさらされ続け、マジョリティと同じように幸福や満足や誇りを求めることができなかった人々にとって、それにはどんなに勇気がいることでしょう。それでも立ち上がった彼らのそばには、たくさんの素晴らしい味方がいました。愛し合う者同士が結婚できる社会にしなければならない。人(同性カップルのためというよりも、自分自身が存在する社会に対する願い、自分の問題としてその裁判に関わっているようにも見えました。ネットで読んだスピーチがまるで自分自身の言葉であるかのように感じLGBTに関する勉強がしたいと言っていた私は、どれだけこの問題を自分のこととして考えていたでしょうか。
 この上映会への参加によって少なくとも私は外側から「差別のない社会を」と言っていただけに過ぎないことに気づきました。私もいつか原告の彼らとともに立ち上がった味方たちのように、マイノリティの勇気を生み出す一部になりたいと思うようになりました。そしてそれまであまり気づいていなかった「マイノリティとしての自分」についても向き合っていこうとも思い始めました。
 その後のシンポジウムでは日本における差別の実態やパートナーシップ制度のことについて学ぶことができました。それぞれの立場でセクシュアルマイノリティの問題に取り組むパネリストの発表は具体的で現実感にあふれるものでした。これは私の生きる社会の問題なんだということを改めて実感しました。
 このイベントを通して、私にひとつの目標ができました。それは差別や人権についてきちんと考え続け行動していくことそれらについて考えるのは当たり前のことだと思っていたけれど、それが空気のように当たり前なことなのではなく、主体的に取り組むべきことなんだと意識を変えた出来事でした。いくらかのエネルギーを必要とすることだろうけど、それを続けていくことが私の目標です。

「千葉LGBT映画上映会&シンポジウムー誰もが自分らしく生きていける社会へー」
2017年12月3日(日)13:30〜17:30 千葉大学教育学部大講堂
・映画『ジェンダーマリアージュ』〜全米を揺るがした同性婚裁判〜
・パネルディスカッション
コーディネーター 片岡洋子さん(千葉大学教育学部教授)パネリスト 伊藤悟さん(すこたんソーシャルサービス代表)鈴木賢さん(明治大学教授)小野春さん(にじいろかぞく管理人)南川麻由子さん(弁護士)

2018年3月7日(水)
LGBTQ&ALLYのためのオープン・ミーティング 拡大版

LGBTQ&ALLYのためのオープン・ミーティング 拡大版 事前申し込み制
3月25日(日)16時〜18時
会場 千葉市民活動センター 談話室 http://www.chiba-npo.net/
 学校のこと、仕事のこと、恋愛のこと、HIV/エイズのこと。普段話しにくいことも、同じ仲間としておしゃべりしませんか?参加できるのは、いろんな人と出会ってみたい、自分と違った価値観やセクシュアリティを持つ人とも話してみたいと思われる方で、プライバシーが守れる方です。
 今回は拡大版で、セクシュアル・マイノリティ(LGBTQ)当事者のみだけではなく、アライの方、保護者の方なども参加できます。事前申し込み制で15人までです。(申し込み順です。現在6人の申し込みがあります。)ファクシミリかメールで、事務局まで件名「オープンミーティング出席申し込み」と明記し、愛称を書いて、お申し込みください。
FAX 043(290)4278
E-mail:fvgw9740@mb.infoweb.ne.jp

2018年2月7日(水)
PrEP(プレップ)臨床研究を国立国際医療研究センター病院が国内初実施

PrEP(プレップ)臨床研究を国立国際医療研究センター病院が国内初実施

 「産経ニュース」(‘18.1.29)によると、国立国際医療研究センター病院(東京)が2月から、感染リスクが高いとされる同性間の性的接触がある男性などを対象に、120人の参加を募り、PrEP(プレップ)臨床研究を実施すると報道されました。

詳しくは、産経ニュースへhttp://www.sankei.com/life/news/180129/lif1801290041-n1.html

2018年2月7日(水)
エイズ担当者研修会 報告 2017.9.1

エイズ担当者研修会 報告  2017.9.1
 千葉県健康福祉部疾病対策課感染症予防班主催で毎年1回、保健所職員を対象に行われている研修会に、エイズ・サポート千葉の活動を紹介するために参加しました。検診時にHIVポジティブの告知をした経験がない参加者が多かったです。講師はNPO法人ぷれいす東京、NPO法人aktaの方々でした。

1、市川健康福祉センター

「千葉県のHIV/エイズの現状とその対策」千葉県健康福祉部疾病対策課感染症予防班
 平成28年新規HIV感染者報告数/新規エイズ感染者報告数はともに全国6位で、HIV感染者は20〜30歳代で多く、全体の6割。いきなりエイズの割合が38%で全国水準より高く、40歳代以上に多く、エイズ感染者全体の6割近く。 

「HIV当事者や関係者が書いた手記のリーディング」NPO法人ぷれいす東京
・用意された手記から参加者が一つ読み、感想を共有しました。

「HIV
検査が果たすHIV/エイズ対策における重要性」
NPO法人akta
・2016
年日本における新規HIV感染者報告数/新規エイズ感染者報告数は1,448人 東京での報告数が32% 男性同性間の性的接触が68% 日本での累積報告数は27,443人
・UNAIDS
の設定する2020年までの数値目標 感染している人が自分のステータスを知る90%(日本の現状 85.6%) 感染告知を受けた人がARTを受ける 90%(同 82.8%) ARTを受けている人がウイルスを検出限界以下まで抑える 90%(同 99.1%)
数値目標を達成するためには、若者には検査情報の提供、高齢の方には安心して検査を受けることができる環境の整備が必要でなないか。

「電話相談ロールプレイ」
NPO法人ぷれいす東京・NPO法人akta
 保健所にHIV検査を受けに来たという対面相談の設定で、参加者が相談を受ける側になって、3分という設定の中で実施。相談を受ける側がとにかく情報を目いっぱい伝えることに夢中になり、相談者の話を落ち着いて聞くということを忘れがちになる。改めて「聴くこと」の難しさを感じました。

第2部はコミュニティセンターアクタ(新宿2丁目)の見学  希望者

2017年10月18日(水)
おすすめ「死に逝く人は何を想うのか 遺される家族にできること」

『死に逝く人は何を想うのか 遺される家族にできること』

佐藤由美子著 ポプラ社 2017(本体820円)

 佐藤さんはホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。アメリカで10年間実践を積んだ後、2013年帰国後執筆や講演を行い、2015年からは青森で音楽療法を実践なさっています。
 従来言われてきた「看取り」ではなく「見送り」というとらえ方は、死をとても自然に受け止めさせてくれます。死の受容プロセスは『死ぬ瞬間 死とその過程について』(エリザベス・キューブラー・ロス著 読売新聞社 1971)で、「否定」→「怒り」→「取引」→「抑うつ」→「受容」という段階を示されました。しかし本書ではひとりひとり違う死への道のり、家族ができること、大切な人を失った人がグリーフをどう経験し、受け入れるかなどが書かれています。

2017年9月20日(水)
追悼 武田敏先生 共に生きる 21

追悼 武田敏先生  共に生きる 21

武田敏先生に教わったこと               I・H(サポート千葉)

 エイズ・サポート千葉代表の武田敏先生が亡くなられ、1年が経ちました。亡くなられる半年位前に「何か書いていただけませんか?」とお願いした時に、「いまはちょっと書けない」とおっしゃっていたので、体調がよくないのでは?と考えたものの、その時はそんな予感があたってしまうとは考えもしませんでした。 
 事務局として武田先生の謦咳
( けいがい ) に長い間接してきたものとして、折々の先生の思い出を ( したた ) めてみたいと思います。
 たぶん15年以上前、前の事務局長から「名前だけでいいから」と言われて4代目の事務局長になりました。それから何年かはそれまでやっていた活動を継続していました。先生からたぶん2回「あなたは何がしたいの?」と聞かれたことがあります。最初に聞かれたときには正直困ったのです。何かやりたいにしても何ができるのだろうか?でもおかげで重い腰を上げ、会員さんと、千葉市内のゲイバーに啓発グッズ(コンドーム)を配布に回ったり、「ゲイのためのオープンミーティング」を始めたのです。また何年かたって、何か先生に報告することがあって職場の近くの喫茶店でお会いした時に、先生からまた「あなたは何がしたいの?」と聞かれたのです。「う〜ん!!」その時には会員の皆さんと話し合い、八千代市思春期保健ネットワーク会議の方にその活動をご紹介いただき、「大人の本気は子どもたちに伝わる」ことを実感しました。そしてゲイのためのエイズとセクシュアリティの相談室@ちば」につながっていきますこれはサポート千葉の「誰もがその人なりの接し方を見つけ、「やりたい」「できる」という自由な発想で活動」するというモットーそのものでした。
 先生は科学者(医師)という顔と教育者という顔をお持ちでした。ご一緒に道を歩いているときになんでそういう話になったのかは定かではないのですが、いまダイバーシティ(多様性)と言われていることも、感染症(ペストだったかな?)と遺伝子の関係で「多様性は大事なんですよ」というお話を伺ったことを思い出します。また、県庁の前を歩いていた時、50代ぐらいの一人の男性が街宣なのか、ハンドマイクでなにかしゃべっていました。そんな時も「あなたはそうお考えなんですね。私は・・・」と話しかけられたのです。私は心底びっくりしました。でも、先生は淡々とお話を続けているのです。
 先生の後を継ぐのは正直しんどいのですが、先生亡き後1年、やっとサポート千葉も動き始めます。来年の創立25年周年に向けて、会員の皆さんと話し合いをはじめました。  「千葉という地方都市で何ができるのか?」みんなで考えていきます。
 心より、武田敏先生のご冥福をお祈りいたします。

追悼文 武田敏先生                   T.R(サポート千葉) 武田敏先生には、学生時代から卒業後も長きに渡り大変お世話になりました。いつもあたたかく、ユーモアを好まれ、周囲に気を配られ、親身になり寄り添われる姿がとても印象的でした。私自身、学生の頃だけでなく社会人になってからも、様々なことで相談に乗っていただきましたが、とにかく「すぐに対処」、後回しにせず具体的にやるべきことを指し示してくださいました。そしていつも励ましてくださいました。
 小生意気で出来の良くない学生の私に、先生はダメ出しをしたあと「あなたはこういうところがいいですね」「今のあなたの発言はこういうところがよかったです」とコメントをくださり、次いで「ピグマリオン効果を知っていますか? 人は褒められたり認められたりすると、期待に応えようとして、もっと努力しようとする傾向があります」とにっこり微笑まれ(笑)、私は苦笑いするしかなく、でもそうやってがんばる気持ちだけは辛うじて保つことができたように思います。
 学生が数人集まっていると、「若い皆さんの考えを聞きたい」と、レポート用紙とペンをカバンからサッと出し、真剣なまなざしで一人ひとりに意見を求めていました。そして「いい考えですね」「面白いですね」とにっこり。そして常に新しい知識、情報、アイデアを惜しみなく学生に話してくださいました ―― 勉強しなさい、役に立てなさい、と。難しく理解できないこともたくさんあり、先生がレポート用紙とペンを取り出すと逃げ出したくなることもありました(実際逃げたこともありました)が、なんと贅沢な時間だったことか、と今思います。
 ある日、「行きますよ」と言われ、着いたところがエイズ・サポート千葉(の前身?)でした。自ら積極的に参加を決めたのではない後ろめたさも初めはありましたが、そんな私でもいていいんだ、と思わせてくれるあたたかな雰囲気の中で、エイズという新しい病について学び、エイズを通して「生きること」「支え合うこと」を考える機会をいただきました。繋げてくださった先生のお心に対し、感謝の気持ちを直接お伝えできないままであったことが心残りです。ここに感謝と哀悼の意を込めて、追悼の言葉とさせていただきます。
 武田敏先生のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

2017年7月5日(水)
おすすめ「大事なのに伝えにくいことを伝える方法とは」

“「ゴムつけて」「性感染症は大丈夫?」大事なのに伝えにくいことを伝える方法とは” 市川衛 著 をご紹介します。

 突然ですが、あなたは日常的に周りの方と性に関係したいろいろな話をしますか?むしろ避けていますか?
 先日、サポート千葉の会員さんと飲みに行っているところで、若い男性に「今、飲みに来ている女の子にうちに誘われているんですけどどうすればいいですか?」みたいなことを聞かれました。あまりに突然で、ほろ酔い気分だったのでびっくりすることも忘れ、私はこんなことをお話ししました。
1 あなたはどうしたいのか?その先に進みたいのか?
2 もし、その先に進みたいのなら、家に行く前に、必要なものをさりげなく用意すること。 

 サポート千葉の啓発グッズ「コンドーム」には「コンドームを使おう」と書いてあります。それはコンドームを使いたいときに、相手に見せてほしいという意図もありました。
 以前サポート千葉でも「言いづらいことを相手に伝える」という研修をしたことがありましたが、今回「ハフポスト」さんで、市川衛さんが書かれた“「ゴムつけて」「性感染症は大丈夫?」大事なのに伝えにくいことを伝える方法とは”を紹介していました。

メディアと医療をつなぐ会」の第2回勉強会(2017年4月19日開催)において齊藤益子さんが話された内容を再構成したものということです。 
http://www.huffingtonpost.jp/mamoru-ichikawa/talking-about-safe-sex_b_16353624.html
https://news.yahoo.co.jp/byline/mamoruichikawa/20170429-00070152/

2016年6月22日(水)
共に生きる 20

性的マイノリティ、LGBTQと参院選 共に生きる 20

  日本のある著名なジャーナリストが10年ほど前、ご自身のニュース番組で同性愛について聞かれて、「僕がアメリカにいたときに、知り合いにゲイがいました。・・・でも息子には結婚はしてほしい。」と話していて、驚いたことがありました。誰でも時代や地理的な条件から自由であることはとてもむつかしいことだと思うのです。10年前は、ホモやレズは蔑称に当たり、差別になるということが言われ始めたころではないでしょうか?まだ、LGBTという言葉も日本ではほとんど使われていませんでした。
 千葉市で昨年12月末から今年1月にかけて、「性的少数者(性的マイノリティ)」に関するアンケートがWEB上で行われました。自由記入欄には様々な意見が書かれていて、本当に考えさせられます。
https://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/kohokocho/documents/result201701.pdf
 1か月ほど前に、インターネット上の“ハフィントンポスト”の“Young voice”に、次のような記事が掲載されました。
 若者からの質問、政治家はどう答えた?「LGBTを家族にカミングアウトされたらどうしますか」LGBTの若者が、政治家に質問をぶつけてみました。「LGBTを、子供や家族にカミングアウトされたらどうしますか?」10人の政治家たちの答えは……?http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/06/lgbt-politics_n_10316936.html?utm_hp_ref=japan-youngvoice  

“ハフィントンポスト”の“LGBT”のページもとても面白いので、お勧めします。
 この十年間、日本でも様々な当事者を中心とした運動があり、いろんな変化が始まりました。特に若い人や女性の活躍が多くなったように感じます。しかし以前マスコミでLGBTQに関係した記事を執筆するのはほぼ女性で、掲載個所は社会面か家庭欄でした。現在でも執筆者は女性が多いのですが、第1面に掲載される政治的な問題も多くなりました。
 さて7月には参院選が行われます。各候補者および政党の“LGBTQ”についての取り組みも注視してみましょう!!
*「Q」は「Questioning」「Queer」の略です。

2015年10月7日(水)
共に生きる 19
日本がどこに行くかは「わたし」が決めたい!!
共に生きる 19
 
 2年ぶりのブログの更新です。
 
エイズ・サポート千葉ブログ「共に生きる」は2008年に始めました。
  NO.1を抜粋すると
  エイズ・サポート千葉(ASC)は会員一人ひとりの「できる、やりたい」を大切に、    エイズをキーワードに活動しているボランティア団体です。HIVに感染している人も 感染していない人も、同性愛の人も異性愛の人も、仕事をしている人もしていない人もいます。(中略)
 サポート千葉が大切にしていることは「共に生きる」ということです。年齢も経験も関係なく、みんなで話し合い、協力しあって、千葉という地方都市で、頑張りすぎないように気をつけながら、頑張っています。
 ボランティアをしなくてはならないということはありません。行ってみたいな思ったら、遊びにいらっしゃってください。きっと気持ちのいい時間が過ごせると思います。
 
 「ニュースレター」ではエイズ、性的マイノリティに関連したニュースも追っていますが、この半年の流れを見ると、同性婚について多くの報道がありました。
 また、今年の夏は、日本にとってとても大きな動きがありました。そこから、主権者である国民の意見が実現するには、一人ひとりの「わたし」の不断の努力が必要であり、自分ができることを、できるときにしていく必要性を再認識したと言えるのではないでしょうか?
 
 少し前になりますが、2015年1月28日「朝日新聞」17面オピニオン欄に、アクバル・アフメドさん(アメリカン大学教授)のインタビュー「イスラムと西洋の岐路 欧米社会から押し出された若者 過激派への誘惑」にこんな言葉が書かれていました。「日本は長い歴史と文化を持った国です。世界で大きな役割を果たせるはずです。」
 この記事を読んだときに、日本に何ができるのだろうかと思いました。
 
  でも、この歌を知った時に、もしかしたらできることがあるのかもしれないと思ったのです。それは日本のバンド「SEKAI NO OWARI」が2014年10月に発表した「Dragon Night(ドラゴン・ナイト)」(作詞・作曲:Fukase)です。日本語詞のほうにはこんなフレーズがあります。
 
      人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかもしれない
 だけど僕の嫌いな「彼」も彼なりの理由があると思うんだ
 
      人はそれぞれ「正義」があって、争い合うのは仕方ないのかもしれない
 だけど僕の「正義」がきっと彼を傷つけていたんだね
 
    歌の中にこんなことが歌われていることにとても驚かされました。一人ひとりが自分以外の人の「正義」を認め、そのうえで自分の「正義」を大切にする。
 
   そして、「安保関連法案」に反対したSEALDs(シールズ・自由と民主主義のための学生緊急行動)をはじめとした、さまざまな人たちの運動に、今までの運動にない新鮮さ、日本の社会の可能性を感じた方も多いのではないでしょうか?
   しかし、いままでの世界の動きとのつながりがあって、新しい可能性が生まれてきたのだとも感じました。
 
   これから、日本がどこに行くかは一人ひとりの「わたし」が集まって、決めてゆく日本でありたいですよね。そんな社会が一人ひとりの「わたし」が大切にされている世界であり、社会的なマイノリティも大切にされ、セクシュアルマイノリティも大切にされる世界につながっていくのではないでしょうか?
 
   これからも紆余曲折がたくさんあると思います。いま日本が民主主義を自分のものにするためには新たな努力が必要になってくるのだと思います。エイズ・サポート千葉も今できることを、千葉という一地方都市で続けていきます。
 
   日本が世界に果たせる役割とは何か?いまの日本の動きが生み出していく。そんな予感がしています。
 

contents




エイズ・サポート千葉

Mobile phone:
090-8056-7520
HP:http://supportchiba.la.
coocan.jp/index.html
Mail:
asc23jimu*gmal.com
(*は@に変更してください。)

copyright©20XX  all rights reserved.