本文へスキップ
エイズ・サポート千葉へようこそ!



ASCの歩み

 東京や大阪などで活発に活動している「エイズカウンセリング」や「ボランティアサポー ト」を千葉でも可能にしようという呼びかけのもと「エイズ・サポート千葉」は1993年に発足しました。初代代表は男性同性愛者として、初めてHIV感染を公表した平田豊(仮名・故人)さんです。発足当初より、HIVに感染している、いないにも関わらず、さまざまな人が、共に考え、活動してきました。エイズに関する正しい知識の啓発につとめると共に、電話相談やバディ活動を通して「共に生きる場」を広げていくことを目指します。
 誰もがその人なりの接し方を見つけ、「やりたい」「できる」という自由な発想で活動できるボランティア・グループです。


沿革

1990年11月
[エコーの会]エイズ予防団体の委託により千葉大学付属病院にて、カウンセリング活動の準備開始。
1991年4月
[エコーの会]州一回のカウンセリング活動開始。月末に月一回の学習会開始。
1992年6月
[千葉大サークル]千葉大学亥鼻キャンパスでの大学祭“亥鼻祭”の医療展示企画としてエイズを取り上げることが決定。千葉大学医学部・看護学部・医学部付属放射線技師学校の学生有志が集まりエイズの勉強を始める。
1992年10月
[MOSCO]バディ・グループ[MOSCO]発足。
1993年3月
[エコーの会][MOSCO]『エイズ・サポート千葉』の準備委員会開催。
1993年4月
[千葉大サークル]『エイズ・サポート千葉』に関心を持った学生が個人として参加。
1993年9月23日
『エイズ・サポート千葉』発足式。
2004年4月
千葉市中央区長洲へ事務局移転
2009年4月
千葉市中央区弁天へ事務局移転
2013年9月
20周年を迎えました。



エイズ・サポート千葉

〒260-0045
千葉市中央区弁天1-8-3千葉市シルバー人材センター2F

TEL・FAX: 043-290-4278
HP:http://supportchiba.la.
coocan.jp/index.html
E-mail:fvgw9740mb.inofoweb.ne.jp
(*は@に変更してください)